SWDの日々是思う 特別篇その1

10日ぶりにショップに出勤という事で

書く事たくさんな10日間でした

海が好きだ。がより深くなった10日

よろしくどうぞ

それでは10日間の始まり

ビックファンダイブ屋久島編を3部作でお送りしたいと思います

鹿児島県、屋久島

和歌山シーマンズビーチのスタッフさんとの合同ツアーでした

アクセス方法は、大阪なら伊丹空港から直行便が1日1便

鹿児島を経由していく方法がベター

フライト時間も大阪からだと2時間ほどで到着する

それでは出発だ

鹿児島から、屋久島には小型のプロペラ機で行きますが

途中桜島の噴火がみれたり、到着する前から絶景を目の当たりにできる

※決して阿蘇山ではない事を肝に銘じてほしい

鹿児島空港から屋久島まで約30分のフライトで距離も近いので

そんなに飛行機の高度も高くない事から、

ずっと景色を堪能できる

そして、到着

ちっさ!!

※町役場ではない事も肝に銘じてもらいたい

もちろん、受諾手荷物を運んでくれるベルトコンベアーはない

すべて手運び。だ

「こちら誰のですか~?」

「はいは~~い!」

みたいな会話が繰り広げられたりする

すばらしい。こうでなくっちゃ。

屋久島はすごく小さな島で、車で一周ぐるっと回っても1時間ちょっとで回る事をできる

交通手段は、基本的にはレンタカーを借りる事をお勧めする

もちろんバスもタクシーもあるけど

時間を考えたとき、レンタカーが一番便利

それは、島のどこにいても、海、山の絶景ポイントがたくさんあって

写真好きにはたまらない景色がどこまでも広がっている

一行は

まずは腹ごしらえという事で

トビウオの揚げ物、山掛け丼、屋久うどん

山芋丼の山芋は、屋久島独特の甘い醤油を垂らして食べる

うどんは、しょうゆベースのうどんに、カツオがはいってる

トビウオは丸ごと食べれます!身も白身でさっぱりしていて、おつまみにほしいくらい

お腹もふくれたので

外に出るとまさかの2匹のゴリラの親子が出迎えてくれました

ゴリラA

ゴリラB

・・海もみてみようじゃないですか

到着日は、2ビーチでした

前日の雨の影響もあって少し濁りはあったけど、それでも綺麗

到着日はビーチなのでこんな感じ

夜は3日間お世話になる民宿。

漁師のお父さんと、おかみさんの方お手製の料理を堪能

こういうのが一番うれしい

屋久島名物、首折れサバ

文字道理水揚げしたサバのゴマサバの首を切り

鮮度抜群の状態でいただける、なんともありがたい料理

もちろんイセエビも

ビックリするくらい安い宿泊料に、これらが付いてくる笑

ちなみにBSACではうちが初のお客だったらしく

ダイビングも基本船をチャーターするので、

自由度が高くてびっくりする

完全な穴場

リピート確定でラッキーすぎた2泊3日

お酒もまーまー飲んで笑

初日から常に笑いのある1日でした

お酒のんだ後は、宿前にあるビーチでウミガメの産卵をみる為に

満点の星空を眺めながら、遅くまで語るのでした

海の声が聞こえてきそうなビーチと

うしろに見える山々が屋久島だ

沖縄とは違って、南国感はあまりないけど

太古昔からの日本の海の良さがひしひしと伝わってくる景色

明日は、チャーター船でいざ出航!

海に遊んでもらうとは!

次回お楽しみに