ダイビングは実はライセンスさえ取れば、気軽にできるスポーツなんですよ!!

Cカード持ってるなら、一度は海に行ってみてはどうやろう

Cカード(認定証)ダイビングライセンスといわれるもの

ライセンスカードをもっている人は、バディダイビングができるようになるんです

バディと事前にダイビングの計画を立てて、

2人で海に潜りにいって、

現地でガイド付けずに

計画的なダイビングをするんです

それが、バディダイビングで

日本ではあまり主流じゃないです!特に関西は

でも、RIZEではこのバディダイビングを

推奨できるお店にしたいと思ってます

RIZEのダイバー達にもっとたくさんの景色をみせたいんです

山登りで例えたら、今まではゴンドラからの景色しかみせてなかったんです

地道に歩きながら見る景色の素敵さや、達成感を感じてほしい

せっかくライセンスカードをもっているんですから、

ライセンスカードを持っている事の一番の醍醐味を使わないのは、

少しもったいない気がする

もし、僕がダイビングを仕事にしていなかったら、

ごっついカメラ持って、間違いなくバディダイビングしにいくでしょう

RIZEは、

ダイビングの知識をみなさんに渡す場所であり、

ダイビングって誰と潜るってのがすごく大事

そんなバディを見つけるコミュニティーの場所として使えばいいと思います

絶対にいいバディが見つかるでしょう

もちろん、

RIZEとしてインストラクターが引率するツアーもたくさんしますよ

それはそれで、インストラクターという頼もしい存在がいるだけで、

海の中での安心感は別格やし、

陸上でもいっぱい盛り上げてくれたり、

笑かせてくれたりする、

ダイバーを紹介してくれるので、仲間も増える

ちなみにバディダイビングの値段はというと、ちょっとまだ決まってないんですが

ほんとに気軽に海にいける料金体系にしようと思っています

新潜りプラン2019年8月1日よりサービス開始!!

個人で現地サービスに予約するより安く

いついつ誰とバディダイビングで海行きたい~とか言うてくれたら

RIZEを通して、何処よりも安い海洋料金とその他サービスの提供(レンタル器材とか)

もちろん個人でのダイビングを希望の場合は

個人で保険の加入を推奨(絶対ではない)

年間7000円程

SWDに聞いてください

コンパスの使い方を知っている事

ボートでのバディダイビングは

必須ランクとして、ダイブリーダー

コンパスの使い方を熟知している事

など、潜在的にバディダイビングはリスクがあります

安くダイビングできます!が、すべて自己責任です!

でも、しっかりルールを守って、技術、知識を付ければ誰だってできるもの

バディダイビングは、日本ではあまり主流ではないですが

ダイビングをもっともっと気軽なものにする為に

たくさんのダイバーにいろんな事を教えていくぞッ

RIZEは、

「自立したダイバーを育てます」

というのをキャッチコピーにしよう