海って危険?ダイビングのライセンスをとる意味とは?

海って危険?ダイビングのライセンスをとる意味とは?

海って危険?
去年交通事故で亡くなった人は3532人。

データが2017年しかありませんが水難事故で亡くなった人は654人です。

そのうち
海:384 人
河川:174 人
湖沼池:57人
用水路:55人
プール:2人
その他:7人

死者・行方不明のおもな行為別

魚とり・釣り:219人
水遊び:61人
水泳:47人
作業中:44人
通行中:42人
シュノーケリング:18人
ダイビング:12人
水難活動救助中:11人
ボート遊び:8人
陸上遊戯・スポーツ中:6人
サーフィン:4人
その他:40人
不明:167人

データから見ると、釣りって危険なんですね。意外な結果かもしれません。ダイビングの仕事をしていますが、シュノーケルのほうが亡くなっていたり、釣りをしている人の方が亡くなっています。

ちなみに、ダイビングのアクティブユーザーは60万人いるらしいので、事故率は5万人に1人です。

水以外のスポーツはどうなのか?

より詳しく書いた事があります。

https://note.mu/maki0806/n/nfed039219cf9

そしたら以外なスポーツが危険な事がわかりました。ダイビングの事故は、ほとんどが防げた事です。きちんとルールを守り、技術をつけ、体調管理に気を付けていたら安全です。ライセンスのランクによって潜れる範囲や、人数比も決まっていますが、残念ながら守られていない事が原因もあるみたいです。交通事故も誰かが交通ルールを破る事が多くの理由のように、ルールを守れば安全性はとてつもなく高まります。

会社としてのミッションが明確に浸透していると、マニュアルは必要なくなる場合がある。スターバックスがそうあるように。

自分の組織にもあります。

【安心安全】と【第三の居場所】です。

その為に何をすべきか?はこの2つの根拠があるとわかりやすい。

もっと、ダイビング業界はオープンにしていかないと廃れていくと考えています。認定証をとる意味をきちんと伝えるべきですし、ダイビング事故が毎年おきている事実も発信すべき。ダイビングコンピューターの重要性、ライセンス講習の意味、認定カードを持つ意味も、多くの方に届けるべき。

防げる事故は多い。。。

ダイビング講習の簡素化、それって講習受ける意味あるのかな?と思っています。簡単にとれたほうが喜ばれるかもしれませんが、きちんとした講習受けないと危ないです。体験ダイビングでも、水深3メートルでも亡くなっています。夏にプールで亡くなる人がいるように、浅くても事故はおきます。ダイビングは、きちんと講習受けてルール守ったら危険ではなくなりますが、そうしないと危ないと思っています。

これからダイビングをしようとすると、やはり「短期間でとれたほうがいいと思う」方が多いのでは?というのが業界の中である気がしています。しかし、学科講習の簡素化、プール講習や海での講習の内容の省略化に進むのが果たしてダイバーにとっていい事なのだろうか?それが時代の流れなら、僕の店は逆行しています。

しかしそれでいいと思っていますし、この道がお客様にとって一番幸せな道だと信じています。何よりも優先されるべき事はお客様の安全です。きちんと潜れば、楽しい事しかないスポーツがダイビング!その先に店の繁栄もあると思っています。

楽しいし癒されるし特別な時間を経験出来るこの遊びを伝えたい!!

多くのダイビングスクールが、どんどんCカード講習を簡略、簡素化、へと進む中、学科講習、プール講習、海での講習を簡略、簡素化せず、より丁寧に、講習項目をきちんと遂行し続ける道を選んびました。

ライセンスをとる『意味』が『早く』ではなく、その後の『安全、安心』であると信じております。そして、海で沢山癒され、楽しみましょう!!!!

ライセンス講習について詳しくはこちらから

https://rize-sea.jp/license/

大阪梅田ダイビングショップ

RIZE は

⚓︎大阪梅田のダイビングスクール⚓︎
※ 中津駅から徒歩5分☆
大阪市北区中津2-5-31の一階
OPEN 12:00〜21:00
☺︎無料ライセンス説明会毎日開催!
☺︎ライセンス取得コース
☺︎ファンダイビング
※どちらも日帰り・無料送迎してます☆

カテゴリーmaki