震えるくらい嬉しいと言われた日

震えるくらい嬉しいと言われた日

 

僕の店は日本で数店しかない、ハンディのある方も講習をしています。お客様はハンディのない方が多いのですが、ハンディキャップダイビングは広まってはいないので広めていきたいです。ダイビングは楽しいし、ほんと癒されます。

多くの方にこの海の世界を知ってもらいたいです。

 

ハンディキャップダイビングはまだ沢山講習はしていませんが、その中でも心に残る思い出はいっぱいあります。

 

例えば

『震えるくらい嬉しい』と言われた日の事です。

 

その日は、和歌山県の海に行きました。初級ライセンスコースの講習を開催しました。

 

その方は、子供の頃からのハンディと共に生き、大人になるまでも、なってからもさまざまな壁にぶち当たってきました。

 

壁に当たる度、決してあきらめず、努力と工夫で乗り越えてきた数々のエピソードも教えてくれました。体を動かすのが好きだけど、受け入れてくれる場所が全然ない事や、これまで壁を乗り越える為に頑張ってきたけど、かなりしんどいとも聞きました。『まだまだバリアフリーは日本では遅れている』という実情も。スポーツがしたくてもその場所がない、というのは悲しい。だから僕の店を見つけた時に凄く嬉しかったみたい。この取り組みをしてきて良かった。

 

そして、講習が終わってダイビング施設までもどっている時に

「ダイビング講習、震えるくらい嬉しい!!楽しい!!」 

と言われました。

 

まさかそんな嬉しい言葉をそのタイミングでかけれるとは思いませんでした。

「めちゃくちゃ嬉しいです!」

と答えながら、僕は感動していました。

 

『スポーツしたくても受け入れてくれる場所がなくて出来なかったから、出来て嬉しい、挑戦できるって楽しい』

ハンディがあっても出来る事は本人にやってもらうようにしているのも、嬉しいみたい。ハンディのない人が思っている以上に、実は出来る事って沢山あるんですよね。

 

 

この仕事をしていて、ホントよかったと思いました。この仕事を選んでよかった。起業してホントよかった。幸せだ。

 

ただ、僕は立派なことをしてるつもりなんてないし、立派なことをしたい!とかはないです。シンプルに「ダイビングしたいー!」と手をあげてもらったら、教えたい!という思いだけです。僕たちで崩せる壁だったら、崩したい。

ハンディがあると、生きているだけで様々な壁にぶつかるみたいですが、その壁、僕たちで崩せるんだったら、崩したい。

 

もちろん、できる、できないは医師の診断がいる場合があります。

そこをクリアしたら、僕は大歓迎だ。

 

同じ人間。

僕は目が笑いからメガネ掛けるけど、目が悪いという不自由も、メガネがあるから不自由じゃなくなっている。

ハンディも、ぼくがメガネになれるなら、メガネになる。そのうえで、チャレンジしたい人には教えたいし、伝えたい、この世界を。癒されるし、楽しいから。

 

 

このスポーツ、楽しいです。

癒されます。

 

スポーツしたいけど、なかなか、受け入れてくれる所ってまだまだないらしい。

だったら、まず僕の店がそうなります。

 

ダイビングスタッフを募集しています!インストラクター、未経験も歓迎します。
求人募集 大阪梅田ダイビングスクール

https://rize-sea.jp/blog/2020/06/14/4024/:title

 

大阪梅田ダイビングショップ

RIZE は

⚓︎大阪梅田のダイビングスクール⚓︎
※ 中津駅から徒歩5分☆
大阪市北区中津2-5-31の一階
OPEN 12:00〜21:00
☺︎無料ライセンス説明会毎日開催!
☺︎ライセンス取得コース
☺︎ファンダイビング
※どちらも日帰り・無料送迎してます☆

Instagram

ストーリー沢山更新しています!https://www.instagram.com/p/CCNfnemDQTA/?igshid=2vlqycfwqfp8

フォローお願いします!

ダイビングライセンスの説明はこちらから

https://rize-sea.jp/blog/2020/03/23/3789/

 

 

 

 

 

 

#ダイビング #ダイビングインストラクター #大阪ダイビングショップ