初心者ダイバーから脱却する方法

初心者ダイバーから脱却する方法

初心者ダイバー続編 その①その②(永久保存版)

僕のいやスタッフの海への熱い想いをみなさんにお届け。

すごく文章が長くなるので、分割して毎日更新していきますので、

絶対全部読んでくださいね。

これ読むだけでも、きっとダイビングに対する意識が変わってくるでしょう!

1.ダイビングそのものが出来ないダイバー

初心者ダイバーあるあるとして

 

エントリーエキジット、

潜行&浮上、

中性浮力、

マスククリアなど。

 

ここで初心者ダイバーによくあるミスとしては、

① エントリーエキジットで転ぶ。

② ボートエントリーでマスクやフィンがはずれる。

③ 潜行できない。

④ 中性浮力が取れない、フィンキックが蹴れていない。

⑤ 浮いていく。

⑥ マスクに水が入ったらクリアが出来ない、パニックになる。

 

心あたりありますか??笑

そもそも、何で初心者ダイバーじゃいけないか

というところから話すと、、

 

ダイバーの中には、こんな方よくいます。

「年に1回のリゾートダイビングで満足!!」

 

「ダイビングライセンスは取ったけど、年に1度リゾートで潜るだけだから上達しなくてもいいし、それで満足だから器材もレンタルでいいし、先のステップアップも考えてません」

 

そんな風に言われることもありますが・・・笑

 

まず1つ絶対いえるのが、上手くなったほうがダイビングはより楽しくなります。

更に安全度も上がり、他のダイバーに迷惑をかけることもなくなります!

 

2.ダイビングの楽しさは上達してから

 

初級ライセンス取得したときの事を、思い出してみて下さい。

 

最初からダイビングを楽しめる方もたまにいますが、

 

水中でマスクを外したり、

水面や水中で器材をはずしたり、

何もかもが初めてで、訳わからずあたふたしたり

その後も潜行出来なかったり、ドライスーツが上手く使えなくて浮いていったり。

 

そんなことを繰り返して、

 

やっと上達をしていったと思います。

 

ダイビングが続かなかった人の多くは

 

 

初心者のうちにやめています。(悲しい)

 

「3年で150本潜ったけど、スパッとダイビングをやめました」

というダイバーって僕は聞いた事ないです。笑

 

それはダイビングを覚えるまでは大変で、

Cカードを取る前に思い描いていたような海が見れないからつまらない‥。

 

ある程度潜った人がやめないのは、どんどん見られる生物や風景が増えていって

「もっと、もっと色んな海に行ってみたい!」

と思えるようになったからではないでしょうか??

 

そもそも初心者は、

潜れるダイビングポイントが少ないの知ってますか?

(白浜はビギナーポイントが多いので、大体は潜れると思いますが。)

世界の規模で考えると、ダイビングポイントって、

「行けないダイビングポイントがある」と

「行った先の海で潜れるポイントが制限される」

という2つになります。

 

行けないダイビングポイントとはスキルに制限のある海。

 

例えば、経験本数100本以上、自己所有のダイビング器材があることが条件のポイントもあったり

 

行った先の海で潜れるポイントが制限されるとは、

 

例えば、

モルディブに行った時、チェックダイブで「初級」「中級」「上級」に分けられ、「初級」になった人は「初級者向けのダイビングポイント」にしか参加できません。

 

やはり上級者向けのほうが迫力あるダイビングシーンが楽しめます。

 

同じモルディブやパラオの海に行っても、

 

 

見られる水中は同じではないんです。

 

 

3.周りのダイバーに迷惑がかかる

 

冬の与那国ではガイド1名にゲスト10名の時も。自己管理出来ることが必要!

基本的にダイビングはグループで行います。

 

そして、いつもレベルでチーム分けが出来るとは限りません。

 

スタッフが少なかったり、ゲスト多かったりすると、1チームの中にレベルの開きが出ます。

 

例えば冬の与那国では1ガイドに対してゲストが10名ということも珍しくありません。

 

どこの海に潜っても同じですが、潜行に時間がかかれば、そのダイバーを待ち、マスクに水が入ってパニックになれば対処し、その間にも与那国でいうドリフトダイビングですから、どんどん流されハンマーみるためのチャンスも減っていきます。

 

もちろん多少のスキルの差は仕方ありません。

 

でも、最低限その海でダイビングが出来るレベルになってから行くことが、

他のダイバーに迷惑をかけない意味でも、

自分が本当に楽しむ意味でも大切なんです。

 

4.初心者ダイバーはトラブルに合いやすい

 

基本ダイビングスキルが身についていない初心者ダイバーは様々なトラブルに合う可能性があります。

 

自分のレベルより遥かに上のダイビングポイントに行ってしまった時には、より可能性が高くなります。

 

マスククリアが出来ないだけで、溺れてしまったダイビング事故すらあるのです‥。

 

 

じゃあ、初心者ダイバーを卒業するためにはどうしたらいいんでしょう。

 

初心者卒業には練習しかありません

では、初心者ダイバーを卒業するには、どんな事が必要なのでしょうか?

 

ダイビングに限らずテニスでもスキーでも同じですが、

自分に合った良い器材を使い、

質の高い講習を受け、

基本スキルが出来るようになるまでアドバイスを受けながら、

練習を繰り返す。

リアルにこれしかないんです。

 

「ダイビングライセンスを取得して、半年ぶりに潜ったら上達していた!」なんていうことはありませんからね~。

 

まずは30本までは間を空けずに練習をしていく

30本までは月に1度のダイビングがお勧め

 

10年以上インストラクターとしてゲストを見ていると、

ちゃんと潜れば大体20~30本くらいで

なんとなくダイビングが出来るようになってきた!」と感じて、

どんどん楽しくなってきているのが、目に見えてきます。

 

これくらいまでは、出来れば月に一度ダイビングをしてください。

 

本数が少ないうちは、少し間をあけるとスキルの落ち方が大きく、

上達しないと嫌になってしまう方もいるからです

 

こんな人もいます。

上手くなろうとしない人。

 

自分で気づかずに上達を妨げているというか。

 

「さすがに、そんな人はいないでしょ?」と思われた方。

 

実は自分でも気づいていない方もいるんです。

 

例えば「潜行が出来ないからオーバーウエイトにする」ダイバー。

 

上達のためには「適正ウエイトで潜るのが鉄則

 

潜行の技術を磨かず、オーバーウエイトにすれば落下はしますが

(潜行ではなく、落下)

耳が抜けないのに落ちたり、

中性浮力が取りづらい、

浮きやすくなる、

またトラブルにあった時に危険でもあり、

 

なに一ついい事はありません。

 

他には「浮くのが怖いからエアを入れない」というダイバーもいます。

 

これでは中性浮力が永遠に上手くならず、行けるダイビングポイントが増えません。

 

アルミタンクの時と、スチールタンクの時に同じウエイトつけてるようでは、

話になりません。笑

 

 

ダイビングの1DIVE1DIVEに大事なのは

 

テーマを持って考えながら潜ること

 

上達に必要なのが、

慣れと

適切なアドバイスと

考えながら潜ること。

 

ダイビングの準備やセッティングは慣れ、

中性浮力は非常に感覚的なもの。

 

性能が良い自分のダイビング器材を早く持てば、より上手くなるのは早くなります。

 

もちろんだから器材を早く買ってください!!なんて事はいいません!笑

レンタル器材であっても、毎回同じであれば慣れることは可能です。

 

ただ、体に合っていなければ使いづらいですし(特にスーツ)、

もし、仮にお店が変わればレンタルも変わります。

 

上達して楽しむには自分に合った良いダイビング器材を持つことが必要です。

自分のお財布と相談したり、

例えばまずは軽器材から。とか

軽器材とスーツまでとか。

 

インストラクターに相談してみてください。

 

海に潜る際に

 

「潜行の時に足を動かさない」

「泳いでいる時に頭を下げる」

「しっかり膝を伸ばしてフィンキックをする」

 

ダイビングの度に少しづつクリアしていけば、潜る度に自然と上達します。

 

漫然とファンダイビングを繰り返しても、上達はしません。

 

 

5.初心者ダイバーを卒業すると‥

 

基本ダイビングスキルが身について、晴れて初心者ダイバーを卒業!

 

次はなにダイバーになるのでしょうか?

 

それが初級者ダイバーです。

 

最低限の基本ダイビングスキルが身についていないダイバーが初心者ダイバー、

身についている人が初級者。(オーシャンダイバー)

中級者は様々なダイビングシーンに対応できるダイバー。(スポーツダイバー)

 

多少の流れがでた時や、ディープダイビングなんかも問題なくこなせ、

波があるようなエントリーエキジットもスムーズに出来る。

スポーツダイバーって実はこのレベルの事をいうんですよ♪

 

中級者ダイバーになれれば、行けるダイビングポイントは格段に広がります!

 

スポーツダイバーの復習もどんどんやっていくのでリクエストくださいねッ

大阪でダイビングライセンスをお得に安く取得できる、おすすめのダイビングライセンス講習プランがスタートしました!

現在、多くの方からお問い合わせ、お申し込みをいただいております、大人気プラン。値段も安い価格設定です!この機会に是非ダイビングを始められることをおすすめします。

ダイビングの資格Cカードの取得費用や

ダイビングライセンスの取り方など詳しくはこちら↓↓↓

大阪でダイビングライセンス取得はWEB限定キャンペーンで、 お得にダイビングデビューしましょう!

当店のダイビングのCカードは国内だけではなく海外でも活用出来ます。

スキューバダイビング始めてみたい方

または久しぶりに潜ってみたい方

大歓迎です♪
無料説明会行ってますーーーーーーーーーーーーーー

webやお電話でご予約承っています。

webでのご予約はこちらから

TEL 06-4981-0324

ダイビングライセンスの費用、ダイビング器材のレンタル代、アフターフォロー等、説明会にてご説明させていただいております(^^♪

ダイビングライセンスを取る前に知っておいた方がいい情報

始めるまではみんな未経験、初心者です。

着用したら寒さを感じない冬用スーツもございますので、寒さ対策をした上で夏以外も春や秋や冬も、年中関西の海でダイビングライセンス講習・ファンダイビングを実施しています。(大阪梅田の当店から海までの無料送迎つきプランもございます)ダイビングを趣味にしましょう♪また、土日だけではなく平日の日帰りダイビングも多数開催!

当店のダイビングスタッフ一覧はこちら

 

ファンダイビングについては↓

大阪ダイビングショップRIZEのファンダイビングツアーの10のこだわり

久しぶりに潜りたい方や、ライセンス取得してしばらく潜っていない方、スキルが不安な方向けのリフレッシュダイビングコースもございますレンタル器材こみのお得な内容になっております。指導団体は、PADI、CMAS、BSAC、NAUI、SSIなど、主要なダイビングの指導団体であればどこで取得したCカードでも当店をご利用いただけます。

大阪発 関西の海でのリフレッシュダイビングコースのご案内 

お気軽にダイビングを楽しんでいただける大阪梅田のダイビングスクールとして、ご家族・おひとり様・お友達同士・恋人同士と、10代、20代、30代、40代、50代と幅広い年齢層の方に趣味としてご利用いただいております。ダイビングの練習をして、Cカードを取得してダイビングを楽しみましょう!女性ダイバーも沢山おられます!女性お1人で始められる方も多いです。

 

大阪府大阪市北区中津2-5-31

ダイビングライセンスの練習風景や、ファンダイビングの時など随時Instagramを更新しています。お店の雰囲気、覗いてみてください♪(^^♪

みんなでスキューバダイビングを楽しんでいます!

Instagramはこちら

当店のダイビングスタッフ一覧はこちら

RIZEは、大阪市内の大人気梅田エリアにあるダイビングショップです。大阪梅田駅から近くの地下、阪急中津駅からすぐでアクセスも抜群!周辺に低価格の駐車場も多数ございます。

 

youtubeにダイビング中に撮影したは水中動画を投稿しています。チャンネル登録お願いします!youtuberとしても頑張ります!!

YouTube

 

スキューバダイビング中に撮影した水中写真を病院で展示するホスピタルアート活動に取り組んでいます。国立病院など11ヶ所で実施。

病院で海の写真を展示するホスピタルアート活動 大阪ダイビングショップRIZEの取り組み

大阪梅田ダイビングショップRIZE

大阪や関西在住でダイビングライセンスを取得するなら、大阪のアクセスがいいダイビングショップRIZEへ!「大阪市内にある、梅田駅からも近くのダイビングスクールの方が通いやすい」と立地もお客様からご好評です。

©2016- Bridge